2011/08/31

BooKMe!のロゴができました!

"ドキドキ、じろじろ、ふ〜むふむ。毎月変わる、雑誌みたいな本棚" 
がコンセプトのBookMe!。

雑誌のタイトルと同じく、書棚の顔になるアイコンが必要というわけで、
意気揚々とロゴを製作! 

 

で、完成したロゴがコチラ。↓



 






デザインを手がけてくれたのは、グラフィックデザイナーの田部井 美奈さん。
BookMe!の頭文字であるBとMをモチーフにしたアイデアに拍手喝采!
早くも缶バッジやらステッカーやら、なんか作りたい欲求にかられています。


ちなみに、次回のBookMe!には、

田部井さんも所属するガールズクリエイティブユニット" Kvina "が登場。
果たして、どんな本棚が生まれるのやら?

続報をお楽しみに!



田部井 美奈 / グラフィックデザイナー 

たべい・みな
1977年生まれ。武蔵野美術大学短期大学部卒業。
2003年より有限会社服部一成に勤務。
2006年より個人の仕事もスタート。
CI、パッケージ、ブックデザイン、ファッションカタログなどの
デザインの他に、自費出版本「PANTIES」の発行。
2009年、アトリエ「Kvina」に参加。 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Kvina

クビーナ
小林エリカ、田部井美奈、野川かさね、前田ひさえによるクリエイティブユニット。
日本語・英語・エスペラント語の3つの言葉による、
セルフ・パブリッシング・シリーズ " LIBRO de KVINA " の出版をはじめ、
ワークショップやプロダクト、イベントなど多岐に渡るフィールドで活躍中。

2011/08/15

SUMMER NOON 01

ターミナルのBGMプレイリスト、
今日は夕方に聴きたい、"SUMMER NOON 01"です。

さあ、仕事も一段落、ちょっと一服。

一休みしながら、音楽に耳を傾けるってのもいいものです。






01. Make It On My Own (12 Inch Club Mix) / Alison Limerick

02. Arte Bruciante / Amari


03. Piano Na Mangueira / Antônio Carlos Jobim


04. Rhode Island Is Famous For You / Blossom Dearie


05. Shang-A-Lang / Bay City Rollers


06. Mignonette / April March


07. Let Me See You Again / Bears


08. Shadrach / Beastie Boys


09. Everytime / Bent Fabric


10. Dr. Jeff / Julian Berntzen

11. Haven't We Met? / Kenny Rankin


12. Boat Behind / Kings of Convenience


13. Miniature Disasters / KT Tunstall


14. La China Es Cumbianchera / Kumbia Queers

15. Lucy Brown / Larks


16. English Chicken / Lascelles Perkins

17. You Do Something To Me / Laura Fygi

2011/08/12

SUMMER MORNING 01

先日お知らせした、ターミナルでかかっているBGMのプレイリスト。
ジャンルも時代もバラバラだけど、どれもいい感じ。

"MORNING" "NOON" "NIGHT" "MIDNIGHT" 4つの時間、
そして季節ごとにCHABEさんがセレクトしてくれました。

まずは"SUMMER MORNING 01"

夏の日の始まり。
心地良い音楽とコーヒーを片手に、さて、朝一のメールチェックでも。






01. Theme Of Happy Living / Astro Age Steel Orchestra

02. Collapsing At Your Doorstep / Air France

03. If I Ain't Got You / Alicia Keys If I Ain't Got You (Unplugged) - Alicia Keys: Unplugged

04. I Met Him On a Sunday / Laura Nyro

05. The Girl From Ipanema / Astrid Gilberto & Stan Getz The Girl From Ipanema - Getz / Gilberto

06. The Tide Is High / Atomic Kitten Tide Is High (Get The Feeling) - Atomic Kitten

07. Jump / Aztec Camera Jump - The Best of Aztec Camera

08. Raindrops Keep Fallin' On My Head / B.J. Thomas Raindrops Keep Fallin' on My Head - Butch Cassidy & The Sundance Kid (Soundtrack from the Motion Picture)

09. No Fools - No Fun / Babs (Gonzales) Five Rocks And A Roll

10. Under The Sea / Arrow

11. Cest La Vie / B*Witched C'est La Vie Originally by B'witched - Rock Masters - Dreams

12. Punchbag / The Bees

13. Conceicao Da Praia / Antonio Carlos & Jocafi

14. Got My Boogaloo / Jackie Mittoo

15. Cherry Blossom Girl / Air Cherry Blossom Girl - Talkie Walkie

16. Slick Together / Lady Lynette & The Spokesmen

17. London Town / Laura Marling



2011/08/05

BookMe! 01 KOICHI YANAGIMOTO

記念すべきBookMe! 01はGlyph.柳本浩市さん選書の本棚です。

BookMe! 01_KOICHI YANAGIMOTO (Glyph.)
Know the World! 
世界を知ろう


グローバリゼーションとローカリゼーション、環境とエネルギー、
そして暮らしと生き方。

60年代後半〜70年代に出版された当時の本を読んでみると、現代と類似した時代観が読み取れるだけでなく、先に述べた現代社会が直面している課題をすでに取り上げていることがわかります。

今回はそうした観点から、“世界を知ろう”というテーマと直結する 『Whole Earth Catalog』をはじめ、『EVERGREEN REVIEW』や植草勘一責任編集時代の『宝島』など、今の気分とリンクする空気感を孕んだ本を選びました。

さらに「THE TERMINAL」という場所の特性を考え、販売用の本とは別に、幼少の頃から作っているスクラップブックの一部を閲覧用として公開することにしました。

このスクラップブックは、背表紙のタイトルをキーワードに、関連する雑誌の記事や印刷物などをまとめたものです。
こちらは、複写も自由に行えるようにしましたので、資料としてご活用いただければと思います。

  
一部書籍の販売もしております。
ぜひターミナルまで、見にきてくださいね!

2011/08/04

ALL TIME GOOD BGM

今回、ターミナルのBGMを選曲してくださったCHABEさんに、
選曲ポイントを聞いてみました。

「なんだか新しい試みの場所を自分なりにイメージしながら選曲をしました。

それはたとえば、朝やって来た人がその日一日を素晴らしい日にできるように。
昼にやって来た人が絶好調を感じる事ができるように。
夕方から夜にやって来た人がビールがなくても頑張れるように。
真夜中にやってきた人が眠くならずもう1つ仕事のメールを飛ばせるように...

そんな妄想をしながら選んでいった僕の大好きな曲ばかりです。
それが願わくば新しい出会いがあって、
新しい何かが産まれる瞬間のBGMでありますように。

TERMINAL、ちょっと照れくさい気もしますが僕も多用させて頂くつもりです。」


CHABEさんに選んでもらったこの素敵な曲たちを
ホームページ上で少しずつご紹介していこうと思っています。
偶然出会った一曲がお気に入りの一曲になりますように。












PROFILE _ 松田 "CHABE" 岳二 (CUBISMO GRAFICO) 

'98年に入り、松田"CHABE"岳二によるソロ・ユニット、
CUBISMO GRAFICOキュビズモ・グラフィコを開始。
'99年9月にファーストフルアルバム「Tout!」を発表。
その評判は日本に留まらず、世界にも飛び火し、
ニューヨーク・タイムス誌の「有名ライターが選ぶ
99年のベスト・アルバム」にも選ばれる。
'00年6月にはミニアルバム「mini」をリリース。

THE TERMINAL 2011.08.05 GRAND OPEN!

はじめまして!
ターミナルからみなさまへのごあいさつ。

インターネットの普及により、
いろいろな場面でわたしたちのライフスタイルは変わり続けています。
GoogleやYahooがオープンフリーなソリューションを提供するようになり、
わたしたちは手軽にインターネット上でコミュニケーションを
行うようになっています。

それは仕事においても大きな変化をもたらしました。
わたしたちはインターネットサービスを活用しながら、
オフィスから抜け出し、カフェやホテルのロビー、
公園でさえも効率よく働けるようになったのです。
そう、場所の使い方はわたしたちが決める時代です。

あらためて場所の定義を"今"に照らし合わせたときに
THE TERMINALは生まれました。
働く人たちが自由に快適に過ごせる場所でありますように。

明日8月5日12:00グランドオープンです。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております!


THE TERMINAL BOOK SHELF PROJECT

 BookMe!

ドキドキ、じろじろ、ふ〜むふむ。
毎月変わる、雑誌みたいな本棚

人の家に遊びに行くと、最初に見るのが本棚だ。
本棚を見れば、その人がどんな人間かある程度わかるし、
友達になれるかどうかだいたい見当がつく。
女の子を家に呼ぶときも、真っ先に気を配るのが本棚だ。
大好きな漫☆画太郎をこっそり隠して、
岡崎京子やレイモンド・カーヴァーをフロントローに。
そう、本棚ほど人格やセンスが表れる場所はない。

" BookMe! "のコンセプトは、クリエイターの頭の中を
覗き見るコミュニケーションツールとしての本棚。
毎月、話題のクリイターやインディペンデントパブリッシャーが
入れ替わり立ち代わり本棚をディレクション。
簡単に言うならば、それは多くの人と「知」や「センス」を共有し、
時代の気分や価値観を発信するためのプラットホーム。
キーワードは、ドキドキ、ジロジロ、ふ〜むふむ。
というわけで、毎月変わる雑誌みたいな本棚はじめます。
 

記念すべきBookMe! 01は柳本浩市さんの本棚です。
題して "Know The World! - 世界を知ろう - " 
明日8月5日からスタートです!















PROFILE_柳本浩市

Glyph.代表。
社内外の出版物監修や執筆、デザインイベントのプロデュースや
企業のコンサルティングなどを行う。
また、膨大なモノ、そして資料のコレクションを活用した
イベントやマーケティング活動も行っている。